旨カニ比較ナビ

TOP > コラム一覧 > [毛ガニの主な特徴や、基礎知識に関して]

コラム

[毛ガニの主な特徴や、基礎知識に関して]

カニの旬と耳にして、寒い冬のシーズンだと、頭の中へと直ぐに思い付く方々が、きっと大勢いらっしゃる事かと思われます。 意外に知られていないかと思いますが、毛ガニは季節を問わず、一年中美味しく味わえたりする、カニの種類であったりします。 毛ガニとは、別名で堅=カタとの名称などがあり、カニ肉やカニ味噌などが、豊富にいっぱい詰まっている、毛ガニなども存在したりします。 この毛ガニに対して、水ガニや若ガニと言われる、タイプなどがあり、主には、脱毛し終わった毛ガニの事を、そう呼んだりします。 基本的に毛ガニを食べて行く際では、堅(カタ)ガニと言われる種類を、必ず食べて行くようにして下さい。 通常ですと、健康的に何ら問題などなく、元気に生きている毛ガニでは、焦げ茶色の色合いなどをしております。 非常によく似ているカニとして、栗ガニと呼ばれる、品種が実在しています。 但しタラバガニに属する、アブラガニとは、全く異なり、一般的な人達においてでも、違いを上手く見極められたりするので、間違う可能性は、かなり低かったりします。 栗ガニの価格に関してでは、毛ガニの約半額以下により、売り出されていて、味覚についてでも、それ相応の味になっております。 毛ガニ自体には、最も有名である、ズワイガニやタラバガニのように、ずば抜けて人気が高い訳では、決してありません。 カニ好きの人からすると、毛ガニが一番美味なんだそうです。 毛ガニには、独特の旨味があり、深い味わいがあったりします。 その中でも、毛ガニのカニ味噌は、数あるカニの種類の中でも、最も美味しいとも言われています。 毛ガニそのものは、タラバガニと比べて行くと、カニ肉がとても小さく、きちんと食べて行くのに、結構手間が掛かってしまいます。 なので、なるべくサイズが大きなタイプを、優先的に購入して行って、毛ガニを余す事などなく、全部食べて行くようにしましょう。 毛ガニを既に茹で上げて、販売されている商品ですと、もう一度茹でる事により、本来持っている味が、すっかり失われてしまいます。 出来るだけ、買って来た状態のままで、食べて行くようにして下さい。 毛ガニを美味しく頂いて行く為には、お鍋の中へと入れて、簡単に茹でて行くだけで良いので、是非試しにやって見て下さい。 茹でた毛ガニは、何にも浸けずに、直接食べたり、三杯酢などを浸けたりして自らの好みに応じながら、食べて行くと、より一層美味しく頂けたりもします。 ※カニつゆへと、じっくりと浸して、食べて行くのも、大変美味だったりする為、試しに味わって見て下さい。

ページトップへ戻る