旨カニ比較ナビ

TOP > コラム一覧 > <冷凍保存しているカニの、上手な解凍方法に関して>

コラム

<冷凍保存しているカニの、上手な解凍方法に関して>

通販サイトなどで、カニを買って行く事によって、殆どの場合では、きちんと冷凍されたまま、自宅に配達されて来ます。 カニを正しく解かして行かない事には、カニが持っている、本来の美味しさを、大きく失ってしまいます。 カニを売り捌いている、通販会社では、カニの旨さなどを、なるべく捕獲した時の状態により、購入者の元へと、上手く送って行くように、急いで冷凍して行きながら、新鮮なまま、しっかりと保存しております。 なので、冷凍庫などで保存しておいた、カニの旨い味覚などを、そのまま維持して、味わって行くようにするには、直ぐに解凍しようとはせずに、充分に時間を掛けながら、確実に解かして行くようにして下さい。 ・冷凍ボイルしたカニでは、キレイに解凍するまで、放っておくようにし、冷凍した生ガニに至ってでは、半分ほど解けた状況で、上手に料理して行くようにします。 自然解凍の方式では、部屋の温度で解かして行くのではなく、基本的には冷蔵庫を利用して、すっかりと凍っているカニを、完全に解凍させて行くようにして下さい。 大きいサイズのバットやお皿など、カニ本体が収まるほどの器などに、キッチンタオルなどを、上手く敷いたりして、カニの甲羅部分を、下部に向けて行きながら、ちゃんと解かして行くようにします。 凍っているカニが、解け出して行く最中では、必ず水が出て来てしまいます。 事前にキッチンタオルなどを、しっかりと敷いて行き、きちんと準備しておくと、カニの身体から出て来る、水分などを、キレイに吸い取ってくれたりします。 カニの性質上として、乾いてしまう事で、カニ肉が忽ちパサついてしまいます。 一度こうなってしまうと、カニ本来の味覚を、全て失ってしまいます。 ですので、冷蔵庫の中へと、凍っているカニを入れて行く際では、絶対にラップなどを、被せて行くようにして、カニの身体から、水が蒸発してしまう現象を、必ず防いで行かないとなりません。 大まかな目処としては、凡そ一日程度となります。 ※時々確認して行くようにします。 その際にカニが、もしも中途半端にしか、解けたいないようであれば、決して慌てる事などなく、更に半日位は、ゆっくりと待つようにして下さい。 カニをじっくりと茹で上げてから、完全に凍らせている、冷凍ボイルしたカニとは、全て解けてから、食べるようにします。 生の状態により、冷凍保存しているカニでは、全部解凍するのではなく、半分提供溶かしたりして、しゃぶしゃぶや、お鍋の中へと入れて、美味しく召し上がって行くようにして下さい。

ページトップへ戻る