旨カニ比較ナビ

TOP > コラム一覧 > <それぞれのカニのブランド名や、様々な知識などに関して>

コラム

<それぞれのカニのブランド名や、様々な知識などに関して>

松葉ガニとは、山陰地方や日本海側に位置する、島根県・鳥取県・兵庫県・京都府などの、近海などにより、陸揚げされた、カニのタイプなどを、一纏めにした呼び名の事です。 数ある松葉ガニの種類の中には、以下のタイプなどが挙げられます。 .隠岐松葉ガニ=島根県の隠岐諸島近海。 .鳥取松葉ガニ=鳥取県。 .津居山ガニ=兵庫県の津居山港。 .間人ガニ=京都の北のエリアにある、丹後半島に存在している、間人港。 このように、実に数多くのブランドガニなどが、実在しています。 .越前ガニ=福井県の沖合いを中心に、捕獲されている事から、付けられた名称です。 この内でも、石川県の沖合いにより、捕られている種類として、加能ガニが存在しています。 加能ガニでは、石川県産のズワイガニの事を、そう呼ぶのですが、これらは、オスガニの名前となっています。 メスガニの呼び方には、山陰地方の場合だと、親ガニやセコガニなどと言われており、福井県のケースですと、せいこガニなどと呼ばれております。 ・毛ガニが最も美味しい時期とは、冬の季節である、2月から~3月位までです。 毛ガニとは、中国の名称です、毛蟹と呼ばれていて、日本と全く一緒の呼び名になっています。 毛ガニを英語に訳すと、Hair cardなどと例えられます。 毛ガニが、普通に食べられて、美味しい海産物として、大きく知れ綿って行ったのは、戦争が終わってからの事です。 毛ガニの旬とは、冬場だけだと、認識している人々が、かなりいらっしゃるようですが、これだけに限定されておりません。 タラバガニや、ズワイガニなどと異なっていて、一年の季節を問わず、どこかの地域などで、必ず捕獲され続けています。 毛ガニでは、春のシーズンになると、オホーツク海を中心に捕れます。 夏場に突入して行くと、今度は噴火湾で水揚げされます。 秋に入って行く事により、根室や釧路などの、陸地に近いエリアなどによって、捕獲されたりします。 一年の中で一番寒い時期である、冬を迎える事により、毛ガニは、十勝沿岸部や日高沖で、捕られるようになって行きます。 ※岩手県の場合だと、毛ガニの主な漁期とは、凡そ12月頃から~翌年の3月ほどでになっています。 この中でも、オホーツク海は、最も寒さが厳しい、真冬の期間には、海が流氷により、すっかり囲まれている為、流氷が完全になくなる、海明けの3月位から、カニ漁が、新たにスタートして行きます。 ※大体7月頃から~8月程度まで、この毛ガニ漁は、続けてられて行く形になります。

ページトップへ戻る