旨カニ比較ナビ

TOP > コラム一覧 > 食べる前に知っておきたい、カニの種類別の美味しい食べ方!

コラム

食べる前に知っておきたい、カニの種類別の美味しい食べ方!

カニと言えば、寒い季節には定番の食材ですよね。鍋にするも良し、茹でても良し、いろんな食べ方ができるカニですが、皆さんはいつもどのように食べているでしょうか。カニにはいろんな種類が存在します。ズワイガニや毛ガニ、越前ガニなどはよく耳にする有名なブランドの物ですよね。そもそもカニって何種類ぐらいいると思いますか?カニは世界中になんと約7000種いるそうです。日本には大体1000種類ぐらいいるそうです。そうすると、世界中のカニの中の7分の1は日本にいることになるので結構多いですよね。ただし、この中には食用として扱われていない種のカニも含まれています。私たちが食べているお馴染みのカニは、ほんの一握りなんです。少しもったいない気がしてしまいますが、それだけ私たちが食べているカニは貴重というふうにも考えられます。ちなみにカニのブランドの中でも有名なタラバガニですが、実はカニではない事をご存知でしょうか。生物学的に言うと、ヤドカリ科に属するのです。本当ならタラバガニではなく、タラバヤドカリと呼ばれるのが正しいのですが、見た目も味もカニに近いため、タラバガニと呼ばれているんです。しかし美味しさは他のブランドのカニにも負けず劣らずなので、タラバガニも立派なカニと言ってもよいでしょう。こんなにいろんな種類があれば、当然特徴も少しずつ違ってきます。サイズ、身の付き方、味噌の質など美味しさにかかわったところでもそれぞれ大きく違います。カニの種類によってカニの食べ方にもそれぞれ適切な方法があるのです。ではどんな調理法がカニの種類によって適しているのかをご説明します。まずはズワイガニです。ズワイガニはサイズが大きい事が特徴です。ズワイガニの甲幅の平均は約15センチ、足を入れると80センチくらいになります。そんな大きなズワイガニは、大きな鍋で茹でて食べることが適しています。足がとにかく長いので、茹でて殻をむいて食べるととても美味しいです。食べごたえもあります。足と甲羅を別にして鍋にするのも良いです。続いて毛ガニです。毛ガニはズワイガニと比べるとサイズが小さく平均8センチほどです。網などに乗せやすい大きさなので甲羅焼きがお勧めの食べ方です。また、毛ガニはカニの中でも味噌が美味しいのでご飯に味噌をのせて食べると絶品のご飯のお供になります。最後にタラバガニです。タラバガニは身がしっかりついていて質も良いので、お刺身にして食べたり、しゃぶしゃぶにするとおいしく食べられます。もちろん、これらの方法ではなくてもそれぞれおいしく食べられますが,カニによって向き不向きもあるので実際食べる皆さんの好みの調理法に合うカニを探すとより良いカニの味が楽しめると思います。是非お試しください。

ページトップへ戻る