旨カニ比較ナビ

TOP > コラム一覧 > タラバガニについて。

コラム

タラバガニについて。

タラバガニの特徴として一番に挙げられるのは、やはりその大きさです。ズワイガニと比べてもその差は大きく、体だけではなく脚まで太いため、かなりの存在感があります。また、タラバガニはズワイガニと共にカニ好きの人たちに楽しまれています。しかし、ズワイガニはカニに分類されますが、タラバガニは分類としてはヤドカリの一種となるため、生物学上では異なるものと言えます。また、タラバガニといえば、北海道が代表的な産地です。この他に北陸などでもタラバガニは獲れますが、最も有名なところと言えばやはり北海道になります。そしてロシア産などの外国産のものも多く入ってくるようになっています。ロシア産のものは非常に大きく丈夫なため、ロシアで獲れたものを国内で水揚げすることにより、国産のものとして出荷しているところもあります。また、タラバガニは国産であっても外国産であってもそれほど味に差が出ることはないので、特別国産を選ばなければならないということはありません。また、タラバガニはカニミソやカニ本来の味を楽しむというよりも、プリプリとした大ぶりの身を堪能するという方が楽しみとして挙げられるため、食べ方としてはカニ鍋などが向いています。また、身が分厚いため、とても食べ応えがありますが、実際にタラバガニだけで食べてみると、見た目とは違って意外と淡白な味がするので少し拍子抜けしてしまうこともあります。しかし、身が大きいほど甘く、非常に食べやすいということから、その人気はとても高いです。そして近頃は、タラバガニに関する禁漁期間や禁漁区が増えており、これによって国産のタラバガニが少なくなっています。こうした理由によって、国産ではなくロシア産やアラスカ産などのタラバガニが多く出ているのです。また、タラバガニとズワイガニはよく比較されることがありますが、これらにはそれぞれの良さがあるため、食べる人の好みでその意見は分かれます。一般的には、ズワイガニの方がカニの味を堪能できて美味しいという人の方が多いようですが、身はタラバガニと比べると小ぶりなため、タラバガニのようにカニを食べているという感じはありません。そういった面でも、やはりカニというものを味覚だけでなく視覚も使って楽しみたいという人には、ズワイガニよりもタラバガニを焼きガニにして思いっきり食べるという方がおすすめです。タラバガニは全身で楽しむことができるカニとも言えるので、一度は食べてみたいカニと言っても過言ではありません。

ページトップへ戻る