旨カニ比較ナビ

TOP > コラム一覧 > 常温解凍はNG!冷凍カニをおいしく味わう解凍術

コラム

常温解凍はNG!冷凍カニをおいしく味わう解凍術

冷凍カニをおいしく食べるには解凍方法が大切です。
どんなに高品質のカニでも解凍に失敗すれば味は抜け、べちゃべちゃとした水っぽい食感になってしまいます。ちょっとしたコツを覚えて上手にカニを解凍し、最高のカニを最高の状態で味わいましょう。

常温解凍はNG!冷凍カニをおいしく味わうための解凍術

水気はそのままに

冷凍されたカニの表面には水分が氷となってうっすらと張り付いています。解凍する時に氷をはがしておいた方が早く解凍できて水っぽさもなくなるような気がしますが、絶対に氷をはがしてはいけません
カニは鮮度を保つために急速冷凍で凍らされています。表面に着いた氷はカニの身に含まれた水分を逃さないためのコーティングのような役割をしており、はがしてから解凍すると大切なカニの身に含まれる旨味が水分と一緒に流れ出してしまいます。水っぽさを取るために氷をはがしたはずなのに、実際には身から旨味が流れ出て水っぽいだけのカニになってしまいます。
カニを解凍する時は表面の氷を落とさず、そのままの状態で乾燥させないように解凍するのがコツです。乾燥させるとスカスカに仕上がってしまうので注意してください。

カニを解凍するのに最適な温度とは

カニを美味しく解凍するために重要なのが温度です。良くカニを常温の室内に放置して解凍させる方がいますが、常温解凍はカニを一番不味くしてしまう解凍方法なのでやってはいけません。常温で解凍すると氷が解けるのと同時に身の中の水分も流れ出してしまいます。
カニの解凍に最適な温度は、冷蔵庫内部の温度です。冷蔵庫内の低温で解凍するとカニの身はゆっくりと解凍され、内部の必要な水分を流れ出させずに済みます。解凍時に乾燥してしまうのを防ぐためにカニの身全体を新聞紙やキッチンペーパーでくるんでおくとよりおいしく解凍できるでしょう。
解凍時間の目安は丸のままのカニ姿で1日から1日半、カットされた足だと18時間、表面の氷が全体的に消えていれば食べごろです。

急速解凍したいときは流水で

冷凍カニを今すぐ食べたい、という時は流水で解凍しましょう。カニをビニール袋などで包んで流水が直接触れないよう密封し、ボールなどに入れて流水を30分程度かけ流し続ければ食べられる状態にまで解凍可能です。じっくり解凍するのに比べればやや味は劣るものの、電子レンジなどで解凍するよりはずっとおいしく食べられます。
どんなにおいしいカニでも解凍に失敗すれば台無しになってしまいます。準備さえしっかりしておけば誰でも簡単においしく解凍できるので、ぜひ試してみてください。

 

ページトップへ戻る