旨カニ比較ナビ

TOP > コラム一覧 > カニが大好物になった体験談

コラム

カニが大好物になった体験談

以前までカニはあまり好きではありませんでした。嫌いというわけではありませんが、好んで食べるということはありませんでした。そのため毎年カニのニュースがテレビで取り上げられていますが、興味を持つことはありませんでした。そんなあるとき知人のお宅にお邪魔し、ご飯を食べることになりました。そのときカニチャーハンが出ました。当時の自分はカニがあまり好きではなかったためはじめは断りました。しかし知人が美味しいからぜひ食べてみてと言ったため、試しに食べてみることにしました。そしたら普通のチャーハンよりも香ばしくてとても美味しかった記憶があります。普通のチャーハンでも十分に美味しいのですが、食べたあとにまあこんなものか、という感じになってしまいます。しかしこのときに食べたカニチャーハンは本当に美味しく、もっとおかわりをしたいという気分にもなりました。それからは一気カニが好きになってしまい、自分でもいろいろなカニ料理を作るようになりました。いまでもいろいろなカニ料理を作ることがありますが、当時はとにかくカニチャーハンを作っていました。カニチャーハンは普通のチャーハンにカニを混ぜるだけなので作りやすくてしかも美味しいので週一で作るようになりました。最初はどのくらいのカニをいれたらいいのかわからず、作ってみたもののほとんどカニが入っていない、逆にカニをいれすぎてしまうということもありました。しかし作っているうちに自然と必要なカニの量もわかっていき、自分でも満足のいくカニチャーハンを作ることができるようになりました。それからはどんどんカニを使った料理のレパートリーが増えていき、いまではいろいろなカニ料理を作れるようになりました。ちなみにカニはどの料理に使っても合うことが多く、代表的な料理はもちろんのこと、いつも作っている料理に少しカニを入れてみるだけでも一層美味しくなったりすることもあります。そしてボイルをしてあるカニについてもだんだんと好きになりました。たとえば何かの記念日のときは思い切って少し高めのカニを買うことがありますし、そうでないときでも普通のカニを買うことがあります。スーパーなどであれば基本的に1000円以内で買うことができることが多いため、気が向いたときにはちょくちょく食べているような気がします。まだまだ作っていないカニ料理がたくさんあります。これからもどんどんカニを使った料理を作っていきたいと思います。

ページトップへ戻る