旨カニ比較ナビ

TOP > コラム一覧 > 地元の人がよく食べるカニ料理!

コラム

地元の人がよく食べるカニ料理!

通販で、頂きもので、旅行のお土産で…冬になると食べたくなるのが、カニ。 自宅でカニを食べるときは、お刺身、カニ酢をつけて、そしてカニ鍋などが定番だと思います。でも、いつもいつも同じ食べ方では飽きてきませんか? 今回は、自宅で簡単にできる美味しいカニの食べ方を紹介します。 まず、全国のカニどころはたくさんありますが、地元の人ならみんな食べているであろう、カニの味噌汁です。 カニの旨味がたっぷり染み込んで、いつもの味噌汁とは全然違います。 作り方は簡単です。 カニの大きさにもよりますが、よく水洗いをしてからまるまる1匹、鍋に入るようにカットします。 鍋に水とカニを入れて沸騰させ、煮立ったらアクを取ります。 お好みで野菜などを入れ、あとは普通の味噌汁の作り方と同じです。 カニの出汁が出るので、いつもの味噌汁に入れる出汁は今回は必要ありません。 物足りないようでしたら、昆布だしがオススメです。 カニの味噌汁はとにかく美味しいです。作り方も簡単なので、是非作ってみてください。 そしてもうひとつの美味しいカニの食べ方は、炊き込みご飯です。 普通のカニ飯の場合、カニのほぐし身を、だし醤油や他の具材と一緒に米に混ぜて炊き込みますが、オススメは、やはりカニをまるごと炊飯器で炊く作り方です。 酒、薄口醤油など味付けはお好みでかまいません。 炊き上がってからカニの身をほぐし、混ぜ合わせます。 あとはネギや刻み海苔、三つ葉などをお好みで乗せるだけ。 カニをまるごと入れた炊き込みご飯は、ほぐし身だけを入れた場合とは違います。 理由は、カニは殻からも出汁が出るからです。 もし、炊飯器にまるごとカニを入れずに作る場合は、ほぐし身だけでなく、余った殻を鍋で茹でて出汁をとり、その出汁で炊き込みご飯を作るといいでしょう。 カニの身だけを食べて殻を捨ててしまうのは非常にもったいないです。 カニの出汁は本当に美味しいです。 身が食べにくいような小さなカニからでも十分な出汁が取れます。 雑炊にしたり茶碗蒸しにしたり、スープやパスタなど。 カニの出汁でもたくさん美味しい食べ方がありますが、さらに美味しい出汁の取り方として、余った殻にトースターやグリル、フライパンで焼き目をつけてから水を入れて出汁をとると良いそうです。 味噌汁も炊き込みご飯もありふれた定番料理ですが、カニによって格別な味になるのは間違いありません。

ページトップへ戻る