旨カニ比較ナビ

TOP > コラム一覧 > 冷凍カニをおいしく食べるコツ

コラム

冷凍カニをおいしく食べるコツ

冷凍カニを購入したり、いただく機会が多い季節になってきました。冷凍カニは手軽で保存も効きますが、解凍が上手にできない人も多いのが実情です。冷凍カニを美味しく解凍する基本は「冷蔵庫の中での解凍」になります。冷蔵庫で解凍しているのにおいしくならない、という場合はまずカニの種類をチェックすることが大事になります。「タラバガニ…24時間」「毛ガニ…24時間」「ズワイガニ…18時間」「カットしていないタラバガニの足…24時間」「カットしたタラバガニのあし…18時間」「ズワイガニの足…12時間」このように、状態と蟹の種類で時間の差が出てくるのも冷凍ガニをおいしくいただくポイントになってきます。また、解凍する際にカニを新聞紙やキッチンペーパーなどで包むことでカニの身の乾燥を防いでくれます。余計な水分は吸収されてもカニ本来のジューシーな部分はしっかりと残せるのがこの新聞紙やキッチンぺーパーで包む方法になります。解凍の際にカニみそなどもおいしくいただくならば甲羅を下にして解凍することでカニ溝が流れ出ることの防止も同時に行うことができます。また、カニしゃぶなどにする際にも、しゃぶしゃぶならば解凍できると考えがちですが鳥美味しくいただくには半解凍にしておくことがベストといえます。半解凍ならばしゃぶしゃぶの熱いお鍋にくぐらせた瞬間にちょうど良い状態に解凍され、カニのエキスを損なうことなくおいしくいただくことができます。流水解凍などをする人も多いですが、これはあまりおすすめできません。ですが、どうしても急ぎの解凍をしたい場合はビニール袋などにカニを入れしっかりと梱包してから流水解凍をすることが正しいやり方であり、直接カニを水につけるよりもおいしく解凍ができるようになります。冷蔵庫の中でもカニの足だけなどならば速めに解凍できることも多く、朝届いた場合は解凍処理をして冷蔵庫に放置しても夜には解凍完了していることが多いのも実情です。最後の一押しの解凍を急ぎたい場合は前述のビニール袋を使った流水解凍などになりますが、出来るだけ冷蔵庫を利用したいところです。また、カニは寒冷地などの場合は軒先などの自然解凍も見られますが、安全に解凍するならば寒冷地であっても冷蔵庫の中になります。外での解凍は予想外の解凍などで臭いが発生してしまったり蟹の身が傷みやすくなるので注意が必要です。

ページトップへ戻る