旨カニ比較ナビ

TOP > コラム一覧 > ポン酢をベースにするカニ酢のオススメ

コラム

ポン酢をベースにするカニ酢のオススメ

お刺身をわさびじょうゆで食べたり、餃子をつけダレで食べたり、それぞれの食べ物には味を引き立たせる相棒がいます。カニの場合はカニ酢がそれにあたります。もちろんカニは茹でてそのまま食べてもおいしくいただけます。けれどせっかくのごちそうですので、さらにおいしくいただけるカニ酢を試してみてはいかがでしょうか。でもこのカニ酢はどのように作るのでしょうか、また簡単にできるのでしょうか。そこでカニ酢の簡単な作り方をご紹介します。 カニ酢のベースは三杯酢です。この三杯酢は酢、しょうゆ、みりんを同量、または酢を2、しょうゆを1、みりんを2の分量にし加熱すると出来上がりです。しかしこれでも手間がかかるといえばかかるかもしれません。そこで三杯酢ではなくポン酢をベースにカニ酢を作ることをオススメします。 ポン酢は関西圏では大量に消費されていますが、その他の地域ではなじみが少ないかもしれません。しかし素材の味を引き出しながら、それでいてさっぱりといただける鍋料理などにはもってこいの調味料なのです。これはカニ酢として利用しない手はありません。ポン酢の基本はかんきつ果汁と酢で作られています。それにしょうゆを加えたのがポン酢しょうゆです。カニ酢のベースとしてはこのポン酢しょうゆが適しています。そしてポン酢しょうゆはかつおや昆布だしが入っていたり、有名ブランドのすだちが入っていたりと、さまざまな種類があり、お好みにより選べます。このポン酢しょうゆをベースにしてカニ酢を作ります。 作るっといってもベースがしっかりしていますので、ちょいたし程度でお好みの味にアレンジでき、カニ酢ができあがります。たとえば白だしを入れればさらに出汁の香と奥深い味が楽しめます。また、わさびやゴマを入れれば、カニの食感とわさび、ゴマの風味が同時に味わえます。さらに大根おろしやマヨネーズのちょいたしで、想像できなかった味の発見があるかもしれません。いずれにせよ、このカニ酢はベースの味がしっかりしているのでおいしくいただけると思います。このようにポン酢しょうゆにちょいたしするだけでカニ酢ができます。そして手軽にカニを味わい尽くせます。 日本に住む人のDNAにはカニを食べる痕跡が残されているかもしれません。それほどカニ料理には夢中になってしまいます。それだけにカニ酢が未体験の人はカニをさらにおいしくいただくための相棒として、カニ酢をぜひ試してみてください。その際には手軽にできるポン酢しょうゆをベースにちょいたしでカニの味を楽しんでください。

ページトップへ戻る