旨カニ比較ナビ

TOP > コラム一覧 > カニを食べるときの注意点

コラム

カニを食べるときの注意点

ボイルにしたカニを食べるときの注意点について書いていきます。特にはじめて食べるという人であればぜひ読んでおくと役立つことがあるのではないでしょうか。それでは早速カニを食べるときのさまざまな注意点について説明していきます。まずボイルしたカニは通常お皿に入れることが多いかと思いますが、そのまま食べてしまうと水などが机の上に飛び散ってしまい、机が汚れてしまうことがあります。そのためカニを食べる前にはたとえお皿に入れてあったとしても、なるべく机の上にいらない新聞紙などをおくようにします。こうすることで万が一水などが飛び散ってしまった場合でも机の上が汚れてしまうことを避けることができますし、さらに片付けをするときも机を吹く手間を省くことができます。これについては意外と気づきにくいことかもしれませんが、ボイルにしたカニを食べる前にはできるだけ机の上にいらない新聞紙をおくように心がけたいものです。次にカニを解体しているときについてです。たとえばカニの爪などであれば身を取り出すときに少し硬いことがあるかと思います。そんなとき無理に身を取り出そうとすると思わず怪我をしてしまう危険があります。自分も実際にカニの爪を食べるときに力をいれすぎて軽い怪我をした経験があります。そのため硬い部分があれば無理に取り出そうとせずなるべくカニ用のハサミを使うなどしたいものです。ほかにも棒の部分についてですが、こちらは爪の部分に比べると少し柔らかいかもしれませんが、それでもやはり硬い場合があります。たとえ棒の部分であっても硬くてなかなか身を取り出せない場合はできるだけカニ用のハサミを使うようにします。もしくは誰かと一緒にカニを食べている場合であれば、その人に協力してもらってもいいかと思います。自分ではなかなか身を取り出せないときでも、ほかの人に協力をしてもらうことで簡単に身を取り出せることがあります。もし困ったときにはほかの人に助けを求めてみてはいかかでしょうか。最後はカニの身をしっかりと食べきるということでしょうか。カニ用のハサミを使った場合だとしっかりと身を取り出せるため食べ残しがでることはないと思いますが、手で解体しながら食べる場合だと大きな身は取り出すことができても残りの小さな身を取り出すことができない場合があります。大きな身を取り出したあとにカニスプーンを使い、奥の方に小さな身が残っていないか確かめることがポイントです。

ページトップへ戻る