旨カニ比較ナビ

TOP > コラム一覧 > カニを焼いて食べる方法

コラム

カニを焼いて食べる方法

○カニを準備 【カニの種類】 おすすめは、身の大きなタラバガニです。その他、ヤドカリ科のカニ(花咲きカ二等)です。 ズワイガニに比べて身が大きく、また、身離れもよくて、 とても食べやすいです。 また、視覚的にも焼きガニにピッタリな豪快な見た目です。 【カニの剥き方】 カニは、半剥き状態(甲羅の片側だけを剥く)のが良いです。 既に半剥きされた状態のカニも売っていますので、そちらを買うと、手間が省けて おすすめです。 【解凍】 冷凍ものであれば、解凍しておきましょう。完全に解凍しなくても、半解凍くらいでOKです。 逆に解凍しすぎると味が落ちますので注意しましょう。 ボイルしてあるものはそのままにしておきましょう。 ○焼く道具 七輪が、一番風情を楽しめますが、焼く事ができれば、何でも大丈夫です。 例えば、魚焼きグリルや、フライパン、ホットプレート等でもOK ただ、台所でやるよりは、ガスコンロ等を使って、机の上でやる方が、 風情があっておすすめです。 ○調理 【焼く時間】 焼く時間は、冷凍物と、ボイルされたもので少し違います。 具体的な時間は5~10分程度ですが、カニの状態によって変わってきますので、 焼き具合は目で見てチェックしましょう。 目安としては、カニの甲羅がほんのりと焦げてきたぐらいが丁度いいです。 せっかくなので、焼いたときのカニの匂いも堪能しておく事をお勧めします。 【調味料】 カニは焼くと、カニ本来の旨味の汁がでて、調味料なしでも、 十分に美味しいです。カニ本来の旨味を楽しみたければ、そのまま食べるのもおすすめです。 何か調味料が欲しい場合は、味を引き締めてくれる、レモンや酢橘がおすすめです。 焼いたカニの上に絞って食べましょう。 また、もう少しアクセントが欲しい人には、カニ酢、大根おろし、ポン酢 もおすすめです。ここに上げたものは、味が少し強いので、 かけ過ぎには注意しましょう。 1種類の食べ方ではなく、色々な食べ方で楽しんでみましょう。 ○焼きカニに合うお酒 日本酒と、焼酎が良く合います。辛口のものがおすすめですが、自分に合うものを選びましょう。 ワインは、赤ワインより白ワインがおすすめです。 ○余った甲羅で甲羅酒 余った甲羅で甲羅酒を作ってみましょう。 作り方は至ってシンプル。余った甲羅に日本酒を入れて飲むだけです。 カニは焼くとカニの旨味の汁が沢山出てきます。 カニの身を食べる際に、汁まで飲んでしまってもいいのですが、 この甲羅酒の為に、あえて汁を残しておくというのもありです。

ページトップへ戻る