旨カニ比較ナビ

TOP > コラム一覧 > カニの食べ方とレシピについて

コラム

カニの食べ方とレシピについて

カニには様々の種類があり、身近な川や池にいる小さなものから食用が可能な大型の種類があり、食用の品種では手足が長く横幅が広い体型をしているズワイガニや手足が太く甲羅も分厚いタラバカニ、毛ガニが一般的です。カニの種類によってお値段にも差があり、ズワイガニはスーパーなどでも手に入りやすく、リーズナブルな傾向があります。カニは冬場にかけて、日本海に面した北陸などの寒い地域では収穫量が増え美味しく食べられる時期です。冬になると海の温度が下がるため、脂肪分が蓄えられて良く身がついたカニが収穫されます。漁港に近い海辺の地域ではカニ料理を提供する旅館やホテルへ旅行をする人が増え、カニの食べ放題からあらたまった会席料理まで幅広く食べることが出来ます。また、漁港があるカニの収穫が盛んな地域では、現場で直販するお店が出されたり、スーパーや百貨店でも直送されたカニを購入することが出来ます。さらに、現在ではインターネットを通じて通信販売が充実してきているので、現地から直接お取り寄せをして、自宅でも手軽に新鮮なカニを楽しむことが出来ます。他にも通販は人件費のコストが抑えられるというメリットもあり、店頭よりも安く販売されている場合が多いので、お得に購入することもできます。送料も無料になったり、様々なサイトで販売されているので、いくつかのショップ見て比較すると良いでしょう。中には高価なカニをお中元として贈答品にする人もおり、新鮮なカニを丸ごと贈り物にしている商品や、カニの身を缶詰にしているものもあります。カニの缶詰は何年も賞味期限が設定されており、保存食にすることも可能なため人気があります。カニは独特の風味がある味わいが楽しめる他にも魚とは違った食感があり、食べ方は様々な和食から洋食、中華まで幅広い料理に適しています。一般的にはカニをそのまま茹でで、身をほぐして食べる方法が多くなっています。また、新鮮ならそのまま生で刺身で食べたり、網で焼いて食べる焼きガニや天ぷらなどそのままを楽しむ食べ方があります。料理レシピでは、ほぐした身をグラタンなどの洋風料理に使用したり、茶碗蒸しの具材として用いられます。中華ではかに玉のように卵と一緒に使われ、和食のすまし汁や味噌汁などだしの風味を生かす使われ方もあります。お子さんに人気のレシピではカニの身を一緒に炒めるカニチャーハンがあります。カニはたくさんの用途があって、興味深い食材ですね。

ページトップへ戻る