旨カニ比較ナビ

TOP > コラム一覧 > カニの内容成分や特徴、注意点について

コラム

カニの内容成分や特徴、注意点について

カニは種類によって違いはありますが、基本的に高級食材の一つです。 なので、贈り物などにもよく利用されていますね。 しかし、内容成分や特徴についてはあまりご存じない方も いらっしゃるのではないかと思います。 そこで、今回はカニの内容成分や特徴、またそれに伴う 注意点などをご紹介しましょう。 カニの内容成分には主に「たんぱく質」を始めとして、 「タウリン」、「鉄」、「カルシウム」が 含まれていますね。 まずは「たんぱく質」に関してですが、カニの内容成分の中で最も 重要視される成分であり、糖質、脂質に並ぶ3大栄養素とも呼ばれています。 たんぱく質には次のような効果があり、 「免疫力の向上」、「貧血予防」、「高血圧予防」、「美肌効果」、 「骨を丈夫にする作用」など、健康を保つ上では必要不可欠な成分でも ありますね。 たんぱく質は肉類に多く含まれているため、 肉類でも摂ることは可能なのですが、カニの特徴として 低カロリーが挙げられますので、余分なカロリーを摂ることなく、 たんぱく質を摂取することのできる貴重な食材の一つでしょう。 次に「タウリン」についてですが、タウリンは現在発売されている 栄養ドリンクにも利用されている成分でアミノ酸の一種でもあり、 名前ぐらいは聞いたことがある方も多いのではないでしょうか? タウリンの主な効果としては「疲労回復」、「動脈硬化予防」、「肝機能向上」、 「視力回復」などが挙げられ、たんぱく質と同様に多くの効果が期待できますね。 また、カルシウムには「骨を構成する作用」と「精神安定作用」が、 鉄は「老化防止」や細胞を傷つける活性酸素の除去といった役割を持っているため、 これらの成分も健康を保つには必要不可欠になってきます。 以上の点から成分的に見てもカニが優れた食材であることは 疑いようもありませんが、その一方で注意しておきたいのは カニアレルギーの方や妊娠中の方にはお奨めできない点にあるでしょう。 カニアレルギーの場合には食べた時点でアレルギー症状が起こるはずですし、 妊娠中の場合、基本的には問題ないとされているものの、「熱を通してから食べる」、 「カニみそはNG」、「食べる量を調節する」といった制限が必要になるので、 あまりお奨めはできないのです。 とはいえ、どのような食材にもメリットとデメリットが存在しているのは 当たり前ですから、その辺りをしっかりと把握した上で利用すれば問題は ないと思いますよ。 何よりも他の食材に比べるとメリットが多く、 デメリットも少ない貴重な食材ですので、 安くはありませんが、その分価値も高い食材であると 言っていいですね。

ページトップへ戻る