旨カニ比較ナビ

TOP > コラム一覧 > カニの保存方法について

コラム

カニの保存方法について

カニは購入したらすぐに食べるのが一番美味しいですが、きちんと保存をすることで、数日経っても美味しく食べることができます。そして保存の方法といっても、冷凍されているカニやボイルされているカニ、カニミソといったようにそれぞれで保存の方法が変わってきます

colum_12_01-300x215

冷凍カニの保存方法

カニは冷蔵庫での保存が一般的ですが、こうした場合には長くても3日しか持ちません。そこで、もう少し長く保存したいという人は、冷凍保存することをおすすめします。
まず、通信販売などでよく見かける冷凍のカニですが、これは鮮度を保つためにも届いたらすぐに冷凍するようにしてください。その際に、パック包装などの包装が何もされていないものに関しては、空気に触れることのないように、ラップを巻いて冷凍するようにします。こうして冷凍することにより、約1ヶ月は保存がきくようになります。しかし、保存はきいてもやはり鮮度は落ちていくので、できるだけ早めに食べてしまった方が良いです。また、食べる時は食べる分だけを冷蔵庫に入れて自然解凍して食べるようにします。

ボイルカニの保存方法

次にボイルされているカニの保存方法ですが、後で料理をする時のことを考えると、殻から身をほぐしたものを冷凍保存した方が良いですが、それは面倒だという人は、殻のついたまま保存することもできるので、ボイルされたカニをキッチンペーパーやラップでグルグル巻きにして包み、それをアルミ製のバットに乗せて冷凍保存してください。これは冷蔵庫の場合だと2日から3日が限度ですが、冷凍庫で保存することによって、2週間位は持つようになります。

カニミソの保存方法

そして最後にカニミソの保存方法ですが、カニミソはカニ身とは違って冷凍保存にはあまり向いていないため、本来ならば食べ切ってしまう方が一番良いのですが、冷凍保存できないという訳ではありません。ですから、一杯のカニからカニミソだけを取り出して容器に入れて冷凍することで、保存することはできます。しかし、カニミソはいたみやすい為、カニ身よりもできるだけ早めに食べてしまうように心掛けてください。
また、より長く鮮度を保ちながら冷凍保存をしたいという人は、キッチンペーパーやラップでグルグル巻きにして包んだり、容器に入れたりして保存するのではなく、真空パックにした方が良いです。真空パックにすることで中が真空状態になり、空気に触れることがない為、ただ冷凍保存をするよりも鮮度を保ちながら長く保存することができます。
カニは冷凍保存することによって、日にちが経ってもある程度は美味しく食べることができるので、正しい保存方法で保存するようにしてください。

 

ページトップへ戻る