旨カニ比較ナビ

TOP > コラム一覧 > カニに含まれる栄養成分がもたらすさまざまな効果とは?

コラム

カニに含まれる栄養成分がもたらすさまざまな効果とは?

良い食べ物なのです。カニに含まれる栄養成分は健康や美容にも効果があるものばかりで、最高の食べ物といえます。 健康に不可欠なビタミンB群 高カロリーのイメージもあるカニですが、実は低カロリーで良質なたんぱく質を豊富に含む食べ物です。しかも、さまざまな栄養成分がギュッと詰まっているため健康食品ともいえます。その中でも代表的な栄養成分はビタミンB1・B2・B6・B12などのビタミンB群です。ビタミンB群は相互に働きかけながら脳や神経の健康を保ったり、糖質・タンパク質・脂質をエネルギーに変える代謝を助けたりしており、身体に必要不可欠な栄養成分です。特にカニにはビタミンB12が多く含まれており、貧血予防にも役に立ちます。また、ズワイガニに豊富に含まれるビタミンB2は健康的な髪や皮膚を作るのに欠かせない栄養成分です。 タウリンで疲労回復 カニには栄養ドリンクなどでよく目にするタウリンも豊富に含まれています。タウリンは主に肝機能に作用します。「沈黙の臓器」ともいわれる肝臓の機能が低下すると倦怠感や脱力感など、疲労の症状が現れます。タウリンが弱りがちな肝機能を回復・改善することで疲労回復につながるのです。また、ストレスや不安を解消する働きもあるため精神疲労の回復にもつながります。さらに、タウリンには血圧や血液中のコレステロールを下げる働きもあるため、疲労回復だけでなく、脳梗塞や心筋梗塞などの生活習慣病の予防も期待できます。 アスタキサンチンがもたらす美容効果 カニの身が赤いのはアスタキサンチンという色素が豊富に含まれているためです。アスタキサンチンの持つ抗酸化力はビタミンEの500~1000倍といわれるほど強く、サプリメントなどにも使われています。老化の原因となる活性酸素を除去するため、シミやシワの予防など、アンチエイジングの効果が期待できます。このほかにも肌を保湿したり、コラーゲンの生成を促したりするなど、美肌維持に役立ちます。また、脂肪の燃焼を効率化する働きもあり、ダイエット効果も期待できるため美容に最高の成分といえます。 カニにはこれらの他にも亜鉛、銅、カルシウムなどさまざまな栄養成分が含まれています。つまり、カニを食べることで、身体に必要なたくさんの栄養を吸収することができるのです。この冬はカニの食べ過ぎを気にすることなく、思う存分食べてみてはいかかでしょうか?

ページトップへ戻る