旨カニ比較ナビ

TOP > コラム一覧 > カニといえば甲羅焼き!

コラム

カニといえば甲羅焼き!

北海道の函館育ちです。 「カニ」というと朝市を思い出します。 地元民ですのでそれほどしょっちゅうは行きませんが、年に何度かは朝市に行きます。 朝市ではタラバガニの試食があちこちでなされていますが、一番印象に残っているのは、 店頭でカニをはじめとした魚介類を網焼きしている鮮魚店で甲羅焼きを食べたときのことです。 カニは食べなれているはずなのでしたが、網で焼く甲羅焼きは初めてで、それはすごく美味しかったです! 焼くとカニの香ばしさが増すといいますか、外で食べたということもあり、忘れられない味となりました。 対して、毛ガニの方はよくもらいました。 自宅用に買うこともありましたが、タラバガニよりずっと身近な存在で、 毛ガニを食べるときはだいたいいつも、一人一つずつ食べさせてもらっていました。 食べ方は極シンプルです。 茹でて酢醤油で食べることが多く、特にアレンジはせずにカニそのものの味を味わっていました。 それが一番美味しいように思います。 タラバはそれとは違い、もらうにしても買うにしても、一匹ごとということは滅多になく、 だいたいは足を何本か買う程度でした。 更にそれを家族で分けて食べていましたので、とても貴重なもののような印象です。 また、大きさも大きいですから毛ガニのように一人一つ茹でるというわけには行かないのですね。 なのでその朝市で食べた甲羅焼きはさすがに函館育ちでもすごく印象に残りました。 タラバは和食を食べに行きますと、いろいろな料理になって出てきますので、 いろいろな調理方法で食べたことがありますが、そんなふうに味付けをほとんどせずに、 素材そのものの味を楽しむようなものは初めてでした。 網焼きの甲羅焼きが一番美味しいように思います。 その後、朝市に行くたびに何度か寄らせてもらいました。 毛ガニにしてもタラバガニにしても何でもそうですが、いいものはいろいろ味をつけてアレンジするより、 そのままを頂く方が美味しいのではないかと思います。 シンプルであればあるほどそのものの美味しさが引き立つように思うのです。 その後、たった一度だけ、タラバガニを箱で一匹ごともらう機会がありました。 滅多にないことですが、こういうのは嬉しいですね。 自分の方も人に贈るときはタラバがいいかもしれない。と思うようになりました。 それから2度ほど実際に贈ったことがあります。 さて、一匹ごともらったのであれば、あれをやらない手はありません。 自宅での甲羅焼き体験です! そのままのカニの味も少しは楽しみたいですので、ある程度は家族で分け、少しだけ甲羅焼き用に残しておきました。 カニ味噌も遠慮して、最後に甲羅についているものを少量を使いました。 甲羅にじかに、味噌とみりん、それにお酒をそれぞれ1:1:1の割合で入れ、そこにカニの身を少しほぐして入れていきました。 軽く混ぜて、味をまわし、最後に刻んだネギを少し入れました。 網焼きはなかったので、オーブンを使いましたが、けっこう美味しかったです! タラバガニ自体が美味しいからでしょうかね~ あとになってから、すだちをちょっと搾っても美味しかったのではないかと思いました。 また機会があったらやってみたいですね! カニは大好きです。

ページトップへ戻る