旨カニ比較ナビ

TOP > コラム一覧 > カニがとっても美味しく感じる食べ方

コラム

カニがとっても美味しく感じる食べ方

そろそろ蟹を食べる機会がどんどん増えてくる時期ですね。そこで蟹をとても美味しく食べれる食べ方をご紹介します。 蟹といっても、生きている蟹と冷凍の蟹とでは食べ方が違うのです。 そして、冷凍といっても、生冷凍とボイル冷凍というものがあるんです。 簡単に説明すると、生冷凍というのは水からあげた蟹を何もせず、そのまま冷凍する事です。 そして、ボイル冷凍は水からあげた蟹をプロの人が塩茹でしてから、冷凍をした蟹の事です。 ボイル冷凍の蟹は解凍してそのまま食べるのが美味しいです。 解凍するにもさらに美味しく食べれるようにするコツがあるので紹介しますね。 まず、解凍してるときに出る水分でカニの美味しさが溶けて逃げてしまわぬように、食べる分だけを取り、クッキングペーパーや新聞紙で包み込み、冷蔵庫でゆっくりゆっくり解凍をします。 一方生冷凍の蟹は冷凍する前に何を手を加えられてないので、これから料理につかう、という時に使えます。 注意点で、生冷凍の蟹は刺身としては使えませんので覚えておいてください。 また、生冷凍の蟹を料理に使わずそのまま食べたいからといって茹でて食べるのはお勧めしません。生冷凍の蟹を茹でてしまうと、ボソボソになってしまい全然美味しくありません。 生冷凍の蟹は鍋、ステーキ、グラタンなど、さまざまな料理方法があります。その中の鍋について、美味しい食べ方を紹介していきます。鍋にいれる時は半分解凍されてるかな、ぐらいで入れるのがポイントです。 先ほども言いましたが、解凍するときに水分で旨味がにげてしまうので、なるべくそれをなくしたいですよね。だからさっきのクッキングペーパーなどで包む方法も使いつつ、半分まで解凍し、なべに入れてしまいましょう。 ちなみに、蟹の種類では毛ガニは蟹味噌を味わいながら食べるのが1番なので毛ガニを鍋に入れるのはあまり美味しくないかと。お鍋のダシはシンプルに昆布がベストです。1番合います。私の個人的な意見ではやはり、ボイル冷凍の蟹を買い、茹でてそのまま食べたいですね。それが1番美味しいと私は思います。 茹でる時もさっきの鍋の時の説明と同じで半分解凍された状態で入れたほうが良いですね。 ちなみに茹で時間は沸騰してから20分前後ですかね。 茹で終わったら大匙2ほどの塩を水にいれ蟹をいれましょう。10分ほど冷やしたらもう完璧です。 ではみなさん今年も沢山蟹をたべましょうね。

ページトップへ戻る