旨カニ比較ナビ

TOP > コラム一覧 > ひと工夫で高級な味に?余ったカニ味噌の美味しい使い道

コラム

ひと工夫で高級な味に?余ったカニ味噌の美味しい使い道

カニはボイルしても鍋に入れても焼いても美味しく食べられる食材です。 しかしカニ味噌の食べ方はあまり分からないという人もいるのではないでしょうか。 甲羅焼きなどにするのも美味しいですが、どうしてもお酒のおつまみという印象で、お酒を飲まない方には物足りないかもしれません。 そこでカニ味噌を加えることで美味しさが引き立つ料理をご紹介します。 <カニ味噌雑炊> カニ鍋の際は、カニだけでお腹をいっぱいにしてはいけません。 カニ鍋でカニに舌鼓を打ったあと、シメに食べたいのはやはりご飯です。 カニのエキスがたっぷりと詰まった鍋のスープにご飯を入れれば本格的なカニ雑炊の出来上がりです。 さらに卵を入れればふんわりとしたカニ卵雑炊にもなります。 ここに余ったカニ味噌を加えることにより濃厚なカニの味をさらに楽しむことができます。 <カニ味噌クリームパスタ> パスタはアンチョビやカラスミ、明太子など、魚介系の食材とよく合います。 もちろんカニ味噌も例外ではありません。 そのまま加えると臭みや磯の香りが強いという方は、生クリームと混ぜてカニ味噌クリームパスタにすることで美味しくいただけます。 クリーミーな生クリームと、ほのかに香るカニ味噌の風味がパスタの美味しさを引き立ててくれます。 またトマトソースも魚介系の食材とよく合うので、トマトソースに加えるだけでも美味しく仕上がります。 <カニ味噌茶碗蒸し> 味と風味が楽しめる和食の定番ともいえる茶碗蒸しですが、この茶碗蒸しもカニ味噌を加えることで普段よりもワンランク上の上品な料理に変身します。 食べた瞬間に口の中でカニ味噌の風味が広がり、料亭のような味を堪能できます。 あまり具材を多く入れすぎると味がケンカしてしまうため、できるだけシンプルに作ることで美味しくなります。 <カニ味噌チャーハン> 普段なにげなく作っているチャーハンも、カニ味噌を加えることで一気に高級感が増します。 魚介系の具材やカニの身などを加えるとカニ味噌の風味とマッチして美味しくいただくことができます。 カニ味噌自体は香り付け程度で十分なので、少ない量でも美味しいカニ味噌チャーハンが作れます。 カニ味噌は和食、イタリアン、中華と、さまざまな料理と合わせることができる万能食材です。 カニ味噌を少し加えるだけで普段食べている料理がより一層美味しくなります。 このほかにもカニ味噌と合わせることができる料理はたくさんあるはずなので、もしもカニを食べたあとにカニ味噌が余ってしまったら、いろいろな料理にアレンジしてみてください。

ページトップへ戻る