旨カニ比較ナビ

TOP > コラム一覧 > そりゃ食べる人を無口にさせます!!

コラム

そりゃ食べる人を無口にさせます!!

年末年始は特に喜ばれる蟹。 まず、見た目だけでもテンション上がりますよね。 食卓に存在するだけで、家族全員「おっ!」となるはず。 蟹の種類は色々ありますが、毛ガニから始まり、タラバ、ズワイ、花咲、、、と好みも分かれると思います。 味はもちろんですが、食べやすさでも好みは色々かと。 先日、毛ガニをお取り寄せしました。 冷凍ではなく、冷蔵で届くとのことで、そこにも惹かれました。 二匹で五千円。 スーパーで購入するよりは、まだいいのでは。。。 そのくらいの期待値でした。 ところが、最近のお取り寄せってレベルが高い!! 自分の中で、なんとなく疑っていたものですから、届いた蟹を一目見たときの感動といったら。 正に歓喜でした。 とにかく大きい!重い!立派! 主人の実家の北海道からも、何度か蟹は頂いていましたが、本場にも全く負けてはいませんでした。 とはいえ、味が勝負。 大胆に脚を折り、甲羅を開けたときの蟹みその素晴らしさにまた感動。 脚のお肉もパンパンで食べ応えあり。 なにより、甘み?旨味?とにかく美味しい! その一言でした。 我が家は蟹大好き。 食べ慣れてるということもあり、キッチンばさみで各々チョキチョキ。 切ってあるのを食べるよりも、こうして自力で口に運んだ方が、私は断然美味しいと思います。 さっきの蟹みそを、身にもたっぷりつけて。 またもや濃厚。 別物になりますね。 そのうち、蟹酢も登場させ、さらに味の変化を楽しみます。 キリッとしまった蟹の旨味が感じられます。 さて、中盤からは、ガスコンロの出番。 網焼きです。なんとなく、鍋にしてしまうと旨さが逃げ出してしまう、もったいなさを我が家では感じ、焼くのです。 殻に少し焦げ目が付いて、身から湯気がで始めた頃。食べごろです。 あまり、熱すぎてもいけません。 蟹本来の味が分からなくなるので。 同じく、蟹みそもやりましょう。 濃厚さが倍増します。 忘れずに身を混ぜて、素晴らしい逸品の完成です。 最後、甲羅に残った蟹みそを飲み干すべく、日本酒を注ぎます。 ぬる燗でどうぞ。 お酒なのかなんなのか、分からない、とにかく美味な飲み物の完成です。 磯の香りもしているような、そこからの甘みもあり。。 最後の最後まで、美味しくいただきました。 取り寄せたはいいが、やはり食べるのが面倒。 そんな方も多いと思います。 身を取り出して、炊き込みご飯にしてもいいし、しゃぶしゃぶならパクパクいけますね。 とにかく、見た目も豪華。 食べれば美味。 これからの、なにかと派手にしたい時期の食卓に蟹は欠かせない存在になること間違いなしです。

ページトップへ戻る