旨カニ比較ナビ

TOP > コラム一覧 > かに好きにはたまらないかに味噌とは?

コラム

かに好きにはたまらないかに味噌とは?

かにの好きな人にとって、たまらないのがかに味噌です。かにみそはそもそもかにのどこの部分なのでしょうか?またおいしいいただき方はどのようなものがあるのでしょうか?

かに好きにはたまらないかに味噌とは?

カニ味噌とはカニの内臓

味噌というのでカニの脳みそと思っている人もいるようですが、カニの内臓です。
季節によって、変化があり、脱皮したての時はあまり内臓もおいしくありませんが卵巣の成熟前が食べごろです。通販のサイトでは、プロが選んだ、カニ味噌のおいしいカニかどうかの説明があるのでカニ味噌目当てのひとは、チェックしておきましょう。

カニみそが楽しめるおすすめ商品:
『浜茹毛ガニ姿』 400g~1kg前後 【北海道産 堅蟹】3,600円(税込)

カニ味噌がおいしいのは、ズワイガニ、毛ガニ

カニ味噌がおいしいのはなんといっても、ズワイガニです。珍しいところで、毛ガニの味噌もなかなかの味わいがあります。意外にも、タラバガニのカニ味噌はたべません。味噌がないわけではありませんが、あまりおいしくないのと、ズワイガニのように固まらないので食べません。ゆでるときにも、タラバガニの味噌は、洗い流してからゆでないと、身が黒変してしまいます。食べてしまったとしても、問題はないですが、せっかく味わうならば、おいしいズワイガニのカニ味噌をいただきましょう。

ズワイガニおすすめ商品:
ズワイ蟹姿400g 2,160円(税込)

 

食べ方でおすすめは甲羅焼

カニ味噌のおいしい食べ方はいろいろありますが、新鮮な質の良いカニのカニ味噌をいただくならば寒い季節、最もおいしく感じるのは甲羅焼でしょう。
甲羅を七輪でゆっくり火を通してやいて、温かいところいただくのはまた格別です。熱を入れることで、独特のくせもやわらぎます。お酒の好きな人は、そのあとに、日本酒を入れた甲羅酒もおいしいですね。

手軽に甲羅焼き・甲羅酒が楽しめる商品:
ズワイ蟹姿400g 1,480円(税込)

 

洋風なカニ味噌の食べかた

カニ味噌を使ったレシピで、洋風にパスタのソースにつかってみるとカニのうまみがひきたったものになります。カニのパスタのソースに、クリームとカニ味噌をいれ、白ワインを加えてみましょう。和風パスタにするならば、醤油をたらし、ノリを散らしたものもおいしいです。
いかや、えびなどの魚介類を炒めるときに、オリーブオイルと、白ワイン、カニ味噌を入れて、塩コショウで味を調えます。魚介類独特のうまみがより感じられる一品です。簡単にできてしまいますが、本格レストランの味わいです。
カレースパイスを聞かせた、炊き込みご飯風のかにピラフに、カニ味噌をいれてみるとこくがでて、アジアンテイストの1品のできあがりです。
カニ味噌を魚介風味のソースのような使い方で、いろいろと工夫して、オリジナルのレシピを開発してみてはいかかでしょう。

色々なカニが楽しめるお得なセット商品:
限定4大蟹(毛ガニ/タラバ/ズワイ/花咲)食べ比べセット 12,800円(税込)

 

 

ページトップへ戻る