旨カニ比較ナビ

TOP > コラム一覧 > かにの成分とは?

コラム

かにの成分とは?

かにには3つの栄養素が入っています。 かに100g中に、ビタミンB1が0.05mg、銅が1100μg、亜鉛が3.7mg入っています。 年末年始にはよくかにを食べます。かには他の魚と比べて低カロリーで、高タンパクです。 かにの種類によっても違いますが、良質のたんぱく質を15%~20%も含んでいます。糖分や脂質が少ないのも特徴です。 かにの甲羅に存在する多糖類の一種であるキチン・キトサンは、殻からたんぱく質やカルシウムなどの成分を除いたものがキチンとなって、キチンをアルカリ溶液で処理するとアセチル基が除かれて、キトサンになります。キトサンには、生活習慣病を改善する効果があり、LDLコレステロールを低下させる作用や、動脈硬化の予防や、慢性腎不全による貧血や電解質以上を改善させる作用、高脂血症、高血圧、糖尿病などにも効果があります。 かにの抗酸化作用を持つアスタキサンチンというカロチン色素で茹でると赤くなります。カロチンは体内でビタミンAに変わり、がんの予防や老化を抑える効果もあります。 他にも、アミノ酸の一種のタウリンが豊富に含まれていて、血圧を正常にして、心肺機能の強化や悪玉コレステロールの減少にも効果があります。また肝臓を強くしたり、胆石や動脈硬化の予防にも有効です。 また沢がになど、殻ごと食べられるかにには、カルシウムが多く含まれていて、骨粗しょう症の予防にもなります。

ページトップへ戻る