旨カニ比較ナビ

TOP > コラム一覧 > おいしいカニの食べ方

コラム

おいしいカニの食べ方

美味しく食べるポイント 活とボイルの見分け方は、活は生きています。通常カニはボイルするときれいな赤色になります。活は茶褐色をしてます。茶褐色の見分けが分からない時は、カニの足の先端を折って中の身を見てみてください。半透明であれば活です。白色でしたらボイルされたカニです。 まずカニの美味しいゆで方を紹介します。 カニが十分に漬かるくらいの大きさの鍋に、約3~4%くらいの塩水を入れて沸騰させます。 沸騰した鍋のなかに、カニを入れます。この時必ず甲羅を下にして入れて下さい。 強火で再沸騰させてから、下記の湯で時間茹でます。 300g~500gのカニは再沸騰してから15分 600g~700gのカニは再沸騰してから18分 800g~1㎏のカニは再沸騰してから20分 上記の時間茹でます。落し蓋をすると蟹味噌が上手に茹で上がります。 お湯を捨て、表面についた白いカスを水で洗い流します。 甲羅を下にして、5分~10分くらい蒸気を出してから食べます。 次に冷凍ガニの解凍方法を紹介します。 まずカニの水分の蒸発を防ぐために、冷凍のガニを厚手のキッチンンペーパーなどで包みます。しばらくすると水がたれてくるので、お皿やバットなどの上に置いて冷蔵庫に入れます。 この時、甲羅の付いているカニは必ず甲羅を下にして下さい。 カニから結構水が出でくるので、食器洗いの水切りバットなどもおすすめです。 冷蔵庫の中で約半日~1日かけてゆっくり自然解凍します。 回答の途中で冷蔵庫から一回出し、溶けている氷を取ります。 早く食べたいからと電子レンジや蒸し器で解凍すると、旨味成分が逃げてしまいます。 次に焼きガニの美味しい食べ方を紹介します。 まずカニを半むきにします。 次に網の上か魚焼きグリル、ホットプレートで香ばしく焼きます。 生冷凍のカニは、半解凍してからしっくり焼きます。 ボイルしてあるカニは5分~10分くらい焼くくらいで十分です。殻に焼き色が少し付いてきたくらいが食べごろです。 お好みですだちやレモン汁を添えるととっても美味しく食べられます。お醤油をかけてもいいかもしれません。 甲羅のあるカニの場合はまだ楽しめます。甲羅に辛口の日本酒を入れて飲むこともできます。焼きガニに合うのは、辛口の焼酎や冷やした辛口のワイン、辛口の日本酒などです。 焼きガニに向いているカニは、タラバガニと花咲ガニがおすすめです。太い足がなによりおいしいです。半むきになっている脚なら食べやすく、またボイルのカニなら半解凍不要でおいしく食べることが出来ます。

ページトップへ戻る