旨カニ比較ナビ

TOP > コラム一覧 > 【ズワイガニの特徴や、知っておきたい豆知識などに関して】

コラム

【ズワイガニの特徴や、知っておきたい豆知識などに関して】

一般的にカニと聞いて、タラバガニやズワイガニなどを、頭の中へと、直ぐに思い浮かべる人達などが、圧倒的に多いのかと思われます。 タラバガニとズワイガニでは、外観が全然異なります。 そこでここでは、ズワイガニにスポットを当てて、詳しく説明したいと思います。 タラバガニと大きさを、見比べて行くと、ズワイガニの方が、明らかに小さくて、足が細長い印象や特徴などがあります。 ズワイガニには、細くて長い足が、5対10本備わっております。 ズワイガニの甲羅は、表面が滑らかで、光沢があり、コンパクトになっています。 ズワイガニとは、エビ目カニ下目クモガニ科に属しており、代表的なカニのタイプでもあったりします。 ズワイガニでは、それぞれの種類の違いなどにより、紅ズワイガニ・大ズワイガニ・本ズワイガニなどに、区別されています。 これらの品種の中で、特に上質で高級だとされているのが、本ズワイガニだと言われております。 他にもズワイガニには、捕られる地域の海域などにより、越前ガニや、松葉ガニなどと呼ばれていて、ブランド名としてでも、かなり有名で、大きく知れ渡っていたりします。 ズワイガニの味覚とは、とても甘みがあり、繊細で上品な味があったりもします。 非常に細い足をしている為、中身はほんの僅かだったりしますが、本当のカニの美味しさなどを、じっくりと味わう事が出来たりします。 ズワイガニのカニ味噌は、大変味わい深かったりするので、とっても幸せな気持ちになれたりもします。 ズワイガニでは、殆どの地域の海域で、捕獲され続けており、その為、日本のあらゆるエリアに、産地が存在したりします。 各産地による、オリジナルブランドなどが、出来上がっているのも、こうした理由などがあるからです。 最も知名度がある、越前ガニは、福井県に位置する、日本海側の海域により、毎年水揚げされ続けている、ズワイガニの事です。 松葉ガニも、とても有名で人気がある、カニのタイプです。 松葉ガニの主な産地には、鳥取県・島根県・兵庫県・京都府などの地域となっております。 このように松葉ガニは、日本の広い海域に分布して、生息しています。 これほど多くの地域に産地がある、松葉ガニですが、一体日本のどの海域で捕れたのか、一目で区別する事が出来るようにと、足の部位などに、ちゃんとタグが取り付けられております。 ズワイガニとは、カニしゃぶや、茹でガニなどに調理したりして、食べるのが、最高に旨いので、是非やって見て下さい。 ズ、是非やって見て下さい。

ページトップへ戻る