旨カニ比較ナビ

TOP > コラム一覧 > 『花咲ガニの主な特徴や、色々な知識について』

コラム

『花咲ガニの主な特徴や、色々な知識について』

基本的に花咲ガニとは、タラバガニに続いて、サイズが大きいカニです。 花咲ガニは、エビ目=十脚目・ヤドカリ下目・タラバガニへと、属しているカニです。 花咲ガニでは、ヤドカリの部類に当て嵌まります。 体重に至ってでは、大体700gから~1000g程度のものが、平均的な重さになっています。 花咲ガニとは、北海道の海の中でも、根室近海の特定のエリアでしか、捕る事が出来ない、大変珍しいカニであります。 そうした事から、流通している量が、とても少ない為、滅多にお目に掛かれない、幻のカニだとも、呼ばれております。 花咲ガニは、根室近海の海域で、凡そ7月から~9月までが、最も多く捕獲されるので、この期間により、花咲ガニが一番美味しい時期となります。 毎年年末を迎える事によって、翌年の元旦を、きちんと過ごして行く目的の為に、花咲ガニを予め調理して、上手く準備しているものとは、夏期に捕れた花咲ガニを、実は冷凍保存しておいた種類です。 夏場に捕獲した、花咲ガニの旬の期間に、直接現地まで、足を運んで行って、実際に味わった方では、あらゆるカニのタイプの中でも、花咲ガニが最も美味いと、太鼓判を押す人達なども、数多くいらっしゃいます。 花咲ガニには、それ位に、最高の味覚が、しっかりと備わっております。 幻のカニとも、称えられている、貴重なカニとして、知られている、花咲ガニですが、とっても深い味わいと、素晴らしい、瑞々しさなどがある為、食べた人々を、忽ち唸らせて、虜にしたりする、魅力的なカニの種類でもあったりします。 花咲ガニでは、勿論カニ味噌を、じっくりと堪能する事が出来る、絶品のカニとしてでも、かなり人気が高かったりします。 カニが大好物の方などに、絶大な人気を誇っている毛ガニを、大きく上回るほどなんです。 花咲ガニの甲羅の中にある、カニ味噌とは、多少緩んでいる、固まりになっていますが、味噌自体が、大変味わい深くなっております。 カニ本来の味覚を、しっかりと味わえたりします。 この優れた味覚を、確実に体験する為には、やはり現地へと、直接赴いて行きながら、浜茹でして食べるのが、最も美味いのだと言えます。 こうする事で、花咲ガニが持つ、円やかで、独特のコクがある、魅力的な味わいを、必ず体験出来たりします。 花咲ガニのオレンジ色をした、見るからに美しくて、色鮮やかな卵では、ワサビ醤油の中へと浸して、召し上がって見て下さい。 きっと幸せな気分になり、気持ちが高揚して行く事は、絶対に間違いないのだと言えます。

ページトップへ戻る