旨カニ比較ナビ

TOP > コラム一覧 > 『カニが持つ本来の旨さを、確実に落とさないようにする為には?』

コラム

『カニが持つ本来の旨さを、確実に落とさないようにする為には?』

買ったカニを、その日の内に食べないケースでは、間違っていない、正確な保存方式であれば、2~3日程度は、美味しさを保つ事が、充分に可能です。 但し誤った保存のやり方を、やってしまっていてでは、独特の深い味わいなどを、残念ながら、全て失ってしまいます。 カニの海産物とは、決して値段安くはないので、カニ選びや調理方法においてでも、絶対に失敗に終わらせたくないですよね。 そこで、カニが不味くなってしまう、やってはならない、保存法と対処方法について、詳しく説明したいと思います。 ※活きガニのケースだと、生の状態のままで、冷蔵庫の中により、保存してしまう行為は、必ず避けておくようにして下さい。 ・生ガニとは、基本的に色が、短時間ですっかり変色してしまい、極端に黒く変わり果ててしまいます。 生ガニを、きちんと食べ切らずに、残ってしまい、暫く食べないのならば、多少手間隙が掛かってでも、塩茹でをやってから、冷蔵庫内で保管するか、冷凍庫の中へと入れて、冷凍保存するようにして下さい。 ※冷蔵庫での保管日数では、約2日位で、冷凍庫の場合ですと、凡そ3日ほどなので、出来るだけ急いで、カニを食べて行くようにして下さい。 ・残ってしまったカニの味覚を、落とす事などなく、上手く食べて行く為には、乾燥しないように、慎重に保存します。 適当に乗せて行って、ラップや新聞紙などで、一切包まずに、冷蔵庫の中により、保管してしまう事は、絶対に禁物です。 その理由とは、カニの身体は、大半が水分によって構成されており、乾き切ってしまう事で、肉がパサついてしまい、風味そのものが、大きく奪い去られてしまうからです。 冷蔵庫や冷凍庫などで、カニを保存する時では、ラップや新聞紙などで、何重にも包んだりして、更にビニール袋などで、完全に密封しながら、水が飛び出さないように、工夫しながら、しっかりと保管して行かなくてはなりません。 ようやく解かしたカニが、残ってしまったからと言って、もう一度冷凍しては、決して行けません。 再度凍らせて、解凍したカニとは、水分や独自の旨味成分などの多くが、忽ちなくなってしまい、最早カニとは呼べない代物に、大きく様変わってしまうからです。 ご存知のように、カニは高級食材でもあります。 ですので、カニは鮮度が高い内に、全部食べ切ってしまうようにと、充分に意識しておいて下さい。 美味しいカニを、上手く召し上がって行く為にも、これらの知識などは、是非覚えておいて下さい。

ページトップへ戻る