旨カニ比較ナビ

TOP > コラム一覧 > 《養殖ガニとは、果たして存在するのだろうか?》

コラム

《養殖ガニとは、果たして存在するのだろうか?》

一般的にカニを養殖して、しっかりと育て上げて行く事とは、理論上では、特に問題などない為、充分に可能だと言われております。 カニを人工的に育成する事は、確実に出来ますが、多額の費用が、どうしても必要不可欠となる為、やってる業者などが、あまり存在していません。 カニの種類には、毛ガニ・上海ガニ・ワタリガニ・ズワイガニ・タラバガニなど、数々のタイプなどが挙げられます。 上記の種類の中で、きちんと養殖出来ているのは、上海ガニとワタリガニなどの、ごく限られた、特定のカニです。 ズワイガニを人工的に育てるような、実験や研究などは、長年に渡り、ずっと続けられて来ました。 但しカニを難なく、ちゃんと養殖して行く事は、難易度がかなり高かったようです。 カニの養殖を、何とか成功させる為には、30年以上もの、気が遠くなるような、長い歳月などが、掛かってしまったようです。 日本に次いで、韓国においてでも、ズワイガニの人工育成へと、見事に成功を成し遂げ、各メディアなどが、大々的に取り上げ、一大ニュースとして、熱く注目されました。 日本の四国に位置する、高知県の四万十川では、モズクガニを養殖する事に、上手く成功を果たした例なども、実在していたりします。 これらのように、カニの人工育成が成功したケースとは、案外多かったりもします。 前述でも書き記したように、カニの養殖自体は、殆ど実施されておりません。 何故かと言うと、カニを人工的に育て上げる作業とは、他の魚介類などを、養殖する事と異なり、極めて難しかったりするからです。 きちんとカニを健康に育てて、上手に増殖させ続けて行く為には、衛生的な水や、正しい餌の量などを、しっかりと、与え続けてやらないとならないからです。 そのように、常に正確に管理して行く為には、その分だけ、大きい金額の維持費などが、掛かって来てしまいます。 しかし、近年の日本においてでの、カニを養殖させて行く、技術などでは、それぞれの研究に、実験のデータや、実績などを比較すると、韓国には、決して負けていません。 現時点にカニを養殖させて行く事は、充分に可能ですが、費用があまりにも高い事などがあり、思うように拡がっていないのが、現在の状態です。 こうした現状がある事から、日本の全国各地へと、流通しているカニでは、その多くが天然の種類であります。 ※日本の中で、養殖モノのカニが、市場へと、出荷されているタイプには、上海ガニやワタリガニ程度です。

ページトップへ戻る