旨カニ比較ナビ

TOP > コラム一覧 > 〈市場とスーパーマーケットで、販売されているカニとは、果たしてどっちが美味しいの?〉

コラム

〈市場とスーパーマーケットで、販売されているカニとは、果たしてどっちが美味しいの?〉

それぞれのカニの状態に応じて、名称が全く違う事を、知っていますか? あまり知られていないようですが、カニとは、様々なタイプの料理のレベルに、生きている状況や、既に死んでいる状態によって、呼ばれ方などが、随分異なって来るんです。 どのような名前により、言い表されるのか、詳しく下記へと、書き記して見たので、参考にでも覚えておいて下さい。 .落ち蟹⇒既に息をしていない、死んだ以降のカニの事です。 .活蟹⇒海の中に生息している時や、捕獲された後に、まだ生きているのなら、このように呼んだりします。 .生蟹⇒死んだカニの事を指しており、お鍋の中などで、まだ茹でていないカニの事です。 .活茹で蟹⇒初めの活ガニを、お鍋の中などでー茹でる事によって、このように言い表したりします。 浜茹で蟹⇒文字の通りに、浜辺により、茹で上げたカニの事です。 ・市場とスーパーのカニでは、果たしてどちらが旨いのか? 最も人気が高く、有名なカニとして、タラバガニとズワイガニなどが挙げられます。 市場の中で、販売されている種類ですと、生ガニや、浜茹でガニなどが、一番多くなっております。 スーパーの場合だと、大半では、カチカチに冷凍された、活茹でガニが主流となって、売り出されています。 こうして比べて見ると、やはり市場で販売されているカニの方が、絶対に美味しそうですよね。 生ガニが最高に旨いのは当然ですが、浜茹でガニにおいてでも、非常に美味しくて、思わず病み付きになってしまいます。 捕られた活ガニなどを、まだ息をしている状況により、お鍋の中へと、放り込んだりして、じっくりと茹で上げて行くのですから、凄く美味しいに決まっていますよね。 カニを浜茹でする事によって、カニ肉自体が、忽ち引き締まり、食べ応えがある、絶妙のバランスの食感となる為、旨味成分などが、しっかりと味わえたりします 勿論スーパーの中などで、売り出されている、カニに至ってでも、ある程度は濃厚な美味しさなどを、きちんと楽しめたりするのですが、市場により、販売されているカニと食べ比べて行くと、やっぱり、どうしても負けてしまっています。 この原因には、海の中で捕獲したカニを、陸揚げしたりして、以降では茹でて行き、それから、冷凍保存してしまうからです。 そこから更に、市場⇒仲卸業者⇒スーパーマーケット⇒購入者などの、気が遠くなるような、色んな手順を辿って行くので、ようやく手にする頃には、本来の味覚や鮮度などが、すつかりなくなってしまい、今一つな感じが、どうしても、起こって来てしまうのです。

ページトップへ戻る