旨カニ比較ナビ

TOP > コラム一覧 > 〈タラバガニの特徴や、知識などについて〉

コラム

〈タラバガニの特徴や、知識などについて〉

一般的にタラバガニとは、ズワイガニと比べると、外見が全然異なっており、一目見ただけでも、その違いが、はっきりと確認する事が出来るほどです。 ズワイガニと比較すると、脚が太く、身体のサイズが大きく、どっしりとした重量感があるのがタラバガニが持つ、最大の特徴でもあったりします。 タラバガニは、ズワイガニと同様に、魅力的な海の幸として、大昔から現在に至るまで、ずっと食べられ続けて来た、美味しい甲殻類だったりします。 タラバガニ学問の中では、ヤドカリの部類に当てはまる、海中生物であります。 生物学において、明らかに違う分類に入る、タラバガニであるので、正式にカニと区別されている、ズワイガニとは全く異なる、印象的な特徴などがあったりします。 タラバガニには、大きく丈夫な脚などが、4対8本で付いており、見るからに痛そうな、刺々と尖った、大きい甲羅をしています。 脚の部位が10本備わっている、ズワイガニと見比べて行くと、外観がやはり、丸っきり違っています。 タラバガニの基本的な産地は、日本の一番北側に位置している、北海道となります。 他にも北陸地方の海域などで、タラバガニを捕る事が出来たりもします。 しかし、最も多く捕獲出来るのは、北海道である為、代表的な産地だとも言えるでしょう。 タラバガニの産地では、日本国内だけに限らず、海外産の種類もあったりします。 タラバガニには、別のカニと比べて、サイズが大きく、しっかりとした頑丈な脚が、とても印象深かったりします。 ロシアで捕獲された、タラバガニも、日本には、数多く入って来ております。 この中には、ロシアの海で捕れた、タラバガニなどを、日本国内の漁港によって、水揚げしながら、国産物と書き記して、市場などに出されている、ケースなどが存在したりします。 ※この事は、法律に引っ掛かるような違法行為ではない為、問題になる事は、まずありません。 幾ら国内産や海外産の表記になって、売り出されていてでも、タラバガニ自体がと持っている、味覚では、特に違いが生じる訳ではない為、日本国産に、それほどこだわる必要はないのだと言えます。 タラバガニの脚の部分では、充分に引き締まった太い身が、たっぷりと豊富に詰まっております。 ですので、プリプリとした、食べ応えがある、食感などが、存分にしっかりと味わえたりします。 タラバガニの味は、意外に淡白であるので、カニ鍋料理にして、召し上がって行く事を、是非お勧め致します。

ページトップへ戻る